とってもつらいアトピーは漢方で改善できる?ストレスも影響がある!?

痒い 女性 健康
画像はイメージです

アトピーは改善できる?

痒い 女性

画像はイメージです

アトピーは強いは皮膚のかゆみが伴い、とってもつらい症状ですよね。

その辛いかゆみが何度もぶり返し、時には生活に悪影響を及ぼすことも。

今回は、アトピーの症状は改善できるのか、アトピーの基本から解説したいと思います。

アトピーって?

赤みを帯びた 炎症

画像はイメージです

アトピーとはアトピー性皮膚炎のことを言いますが、強いかゆみや湿疹などが出てきて良く
なったり症状が悪くなったり、何度もぶり返したりする皮膚の病気です。

アレルギーのことをアトピーと呼んでいますが、数年前までは、乳幼児や赤ちゃんなどに多い病気として知られており、今は大人でもなかなか治らない皮膚疾患としても知られています。

「アトピーという」名前ですが、なぜこの名前が付けられているのでしょうか。

アトピーという名前は、もともとは奇妙である、不思議なという意味があるのですが、ギリシャ語からつけられました。アトピーは、”ア”がついていることで、トピーの不思議なという意味を否定しているということになります。

結局は、アトピーというのは、これとは断言できない奇妙な、皮膚炎という意味合いでつけられた名前です。

アトピー性皮膚炎という名前を付けたのは、アメリカ人の病院で働く医師で、1928年に付けられました。ギリシャ語では、原因不明の、不思議なといった意味のある皮膚炎ということになります。

アトピーというのは、体の外からはいってきた抗原を体が異物だと思って排除して、免疫機能が働きます。これがアトピー性皮膚炎として発症することになるのです。

 

皮膚に症状が出る人もいれば、咳などの症状が出る人もいますから、色々ですが、アトピー性皮膚炎の人というのは、何かアレルギーがあるということになるのです。

アトピー性皮膚炎になっている人は、ですから何か食べ物や物質などにアレルギーがあることになります。

アトピーの症状って?

アトピーの症状というのは、人それぞれ違っています。症状は年齢とともに変わっていきま
すし、同じ年齢の人でも原因が違えば、アトピーの症状の出方も違ってくるので注意が必要
です。

アトピーは種類が3段階に分かれていて、年齢に応じて、乳幼児型のアトピー性皮膚
炎と、小児型アトピー性皮膚炎、そして成人型のアトピー性皮膚炎というように分けられて
います。

それぞれ共通した症状としては、強いかゆみを伴うことや、湿しんとなっています。

アトピーのかゆみの症状というのは、肥満細胞のヒスタミンが分泌して怒っているものと炎症に反応して、サイトカインが分泌することで起きるもの、炎症反応が知覚神経に影響して起こるものに症状によって分けることができます。

そしてアトピーの湿疹の症状の場合には、患者の免疫状態に左右されやすくて、以上なリンパ球やマクロファージといったものによって作られていると言われています。

アトピー性皮膚炎の症状としては、目に見えてかゆみを伴い、かきむしることで、より症状が悪化してしまい、そのことが原因で傷になり、出血するというようなこともあります。

出血をしたところから、さらにかゆみを伴って、薬を塗ってもなかなかかゆみが治まらないほどの、アトピーの症状を伴う人は、少し重度のアトピーといってもいいと思いますので、適切な治療を受けた方が、早く改善につながりますし、症状の緩和にもつながります。

アトピーの症状はかゆみや湿疹が主な症状です。

アトピーとストレスは関係あるの?

ストレス 絶望的 男性

画像はイメージです

アトピーの原因の一つにストレスがありますがご存じでしたでしょうか?

皮膚の疾患なのに精神疾患であるストレスが関係しているなんて、考えられないと思っている人も多いと思いますが、ストレスが原因で、アトピーになっているという人は多いのです。

ホルモンバランスも関係している

アトピーは、ホルモンのバランスが崩れることによっても起きると言われています。スト
レスがたまった状態が続くと、ホルモンのバランスを崩してしまいます。

自律神経失調症などをストレスがたまっていることが原因で引き起こすという人は多いと思いますから、やはり、ストレスが原因で、アトピーになるというケースは少なくありません。

ストレスをため込まないこと

アトピーの人がストレスを何らかの形で感じていることは確かです。ストレスが原因でアトピーが悪化していることもあります。

アトピーを改善させるためには、ストレスをためないことや、ストレスを上手に解消すること、リラックスすることや、楽しみを持つことなどが必要です。

ストレスを解消して、ストレスをためないような環境で過ごすことができるようになれば、自然に、アトピーの症状が治まるという人もいます。

アトピーは、皮膚の病気なので精神的なことなどは関係がないと思っている人も多いのですが、実際には、アトピーはホルモンのバランスが崩れることでも発症します。

ストレスや精神的なショックなどが原因で、アトピーになるということは人によってはありますので、覚えておくといいでしょう

アトピーの薬について

アトピーの薬と聞くと、誰もがステロイドをイメージする人は多いと思います。確かにアト
ピーの薬として、ステロイドが処方されるケースは多いでしょう。

では、このアトピーの薬として知られているステロイドというのは、一体どんな薬なのでしょうか。アレルギーの薬の中で一番有名といってもいいのが「ステロイド」です。

これは副腎皮質ホルモンを使っているもので、炎症を静める作用があります。炎症に対して劇的な効果が見られるために、アトピーの症状があまりにもひどいという場合には、ステロイドが処方されます。ステロイドを塗れば、2−3日もすれば誰もが炎症が静まるでしょう。

しかし効果は抜群ですが、実際には依存症の心配もありますし、副作用などもあると言われています。なのでアトピーの人がステロイドを使うと聞くと、抵抗を感じたり、怖い薬だと思っている人は多いのです。

ステロイドは確かに怖い薬かも知れませんが、使い方などをよく守れば、怖い薬ではありません。
長期間使うと依存度が高くなりますし、女性の場合には子宮などにステロイドの成分が貯まると言われているので、あまり長い時間使うことはよくありません。

アトピーと漢方について

漢方薬

画像はイメージでです

アトピーの症状が特にひどくて、対処できないくらいになった場合には、一時的にステロイドを使用して、炎症を抑えることはありますが、日常的に使うということはできるだけ避けた方がいいかもしれませんね。ステロイドは処方されたら医師の指示に従って使いましょう。

アトピーにはステロイドなどの薬を使って治療をしたり、症状をよくしている人は多いと思い
ます。西洋医学の中では、アトピーというのは原因が分からない皮膚の病気とされているのです。

しかし東洋医学で考えてみたら、漢方医学では、どんな病気でも原因はありますので、アトピーにも原因はあると考えられているのです。

東洋医学からみたアトピーの原因

東洋医学からみたアトピーの原因としては、今の現代の食生活習慣や生活習慣などが関係していたり、他にも環境なども関連して発症していると言われています。

添加物が入っている食生活や、ストレス社会、生活が不規則であるということなどが、アトピーを引き起こしていると言われているのです。

人間というのはもともとアレルギーから、体を守ろうとしている力がついています。こうした不規則な生活や食生活を続けているということで、アレルギー物質が体の中に入ってきて、アトピーなどになりやすい状況にあると言われているのです。

漢方とは体質改善

そこでステロイドを使って炎症を抑えるのではなくて、漢方で、体質を改善させようというのが、漢方を使ったアトピーの治療法なのです。

漢方薬というのは、自然の植物などから作られていて、自然治癒力を高める働きがあります。アトピーの人は免疫力なども下がっていますし、自然治癒力なども弱まっていると考えられます。

こうした人は、漢方を利用して、自然治癒力などをアップさせる方がいいでしょう。アトピーの治療は、漢方を飲んで、体質を変えるという方法もあるのです。

まとめ

アトピーは遺伝的な要素も含まれていますが、ストレスやホルモンバランスなど「生活習慣」なども関係しています。

アトピーはとってもつらい症状ですが、ちょっとずつ生活習慣を改善し、体質に似合った漢方を服用しながら使い症状を緩和していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました