生活習慣を見直してみよう!原因やどんなリスクがある?改善方法は?

女性 ランニング お役立ち
画像はイメージです

生活習慣病の種類

ビール

画像はイメージです

生活習慣病の種類は色々とあります。生活習慣病はその名前を見てわかるとおり生活習慣が
乱れていることから、起きる病気のことを言います。

現在病ともいわれる「生活習慣病」、早期発見早期治療が最も大切です。欧米化してきた食事内容や運動不足などを見直し、今後の生活や健康に役立てましょう。

生活習慣病①糖尿病

まず一つ目の生活習慣病としては、糖尿病があります。糖尿病はカロリーの高いべものをしていたり運動不足、ストレスなどが原因でかかるとされています。

生活習慣病②高脂血症

高脂血症も生活習慣病の一つです。こちらもコレステロールが高い食べ物や中性脂肪が多い食べ物をよく食べることで、血液の中の脂質が増えたことが原因で起きる生活習慣病の一つです。

生活習慣病②高血圧症

そして高血圧症圧症も生活習慣病の一つです。血圧が高い病気ですが、遺伝も関係していますし、肥満やホルモン異常などで起きるともいわれています。

生活習慣病③メタボリックシンドローム

腹 体 カロリー

画像はイメージです

生活習慣病で最近注目されているのがメタボリックシンドロームです。肥満症ともいわれていますが脂肪が多い体形で、体重が標準よりも重い状態です。メタボリックシンドロームはさまざまな生活習慣病の引き金になる可能性もあるので注意が必要です。

生活習慣病④三大生活習慣病「がん」

そして生活習慣病の種類として三大生活習慣病といわれている一つに「がん」があります。

生活習慣病⑤脳卒中、心筋伷塞など

そして脳卒中、心筋伷塞などが挙げられます。生活習慣病の種類はこのように色々とあり、原因は日々の生活習慣の不摂生や食事の偏食が原因であるといわれています。

生活習慣などを見直すことで防ぐことができますが、自覚症状がないうちに、自分では気がつかないうちに、生活習慣病にかかっているという人が大半です

生活習慣病の原因って?

生活習慣病の原因については、色々な原因があります。生活習慣病を予防するためには、そ
の原因を知り、できるだけかかりにくくすることが大切です。

生活習慣というのは長い間にわたって行ってきた不摂生、や食生活の偏食などが原因として挙げられますから、簡単に直すことというのは難しいと思います。

しかし早めに生活習慣病の危険因子、原因を知って、それを解決することが大切ではないでしょうか。

遺伝が原因

昔の日本ではそれほど生活習慣病というのはありませんでしたが、ここ数年の間で急激に増えたのにはいろいろな理由があります。

生活習慣病の原因は人によっても色々ではありますが、大きく分けるとすると、遺伝が原因であること、そして環境が原因であるという二つに分けることができます。

偏った食生活

ジャンクフード

画像はイメージです

そしてここ数年で日本人に生活習慣病が増えた原因としては、環境が原因であるといわれています。運動不足が生活習慣病の原因としても挙げられますし、栄養のバランスの悪い、高カロリーな食事、欧米化した食事が、生活習慣病の原因になります。

喫煙・ストレス

そして、喫煙も、生活習慣病の原因の一つです。ここ数年の日本はストレス社会といわれていますが、ストレスがたまりやすいことや解消できないことも、生活習慣病の原因になっています。

これらは生活習慣病の環境の原因といってもいいと思います。そして遺伝的な原因としては、もともと、身内にがんや高血圧などの生活習慣病にかかりやすい人が多かったということが挙げられます

生活習慣病の予防をしてみよう!

生活習慣病の予防法は色々とあります。

どんな病気に対しても言えることで、生活習慣病に限ったことではありませんが、生活習慣をきちんと正しく整えることが、生活習慣病の予防になりますし、すでにかかってしまっている人は改善になります。

生活習慣病に限らず、色々な病気などを引き起こす原因も、生活の乱れなどが原因で起きているといわれていますので十分に注意しましょう。

食生活

食事

画像はイメージです

生活習慣病を予防するために日々気をつけなければいけないことをここで紹介します。

まず一つ目としては、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。栄養バランスが偏り偏食が続き、高カロリーな欧米化した食生活をしていると、生活習慣病にかかりやすくなります。

昔ながらの和食を食べること、それが生活習慣病の予防につながります。そして十分に睡眠をとることは生活習慣病の予防にもつながります。

十分な睡眠時間

規則正しく早寝早起きが生活習慣の基本です。

睡眠時間をたっぷりととるようにしましょう。

適度な運動

女性 ランニング

画像はイメージです

そして最近は運動不足の人が多いですが、健康を維持するためには適度な運動も必要ですから、適
度に毎日運動をすることも、生活習慣病の予防につながります。

ストレス解消

そしてストレスを抱えながら生活をしていると、生活習慣病の悪循環が引き起こされてしまいますので、自分のストレスと上手に付き合う方法を身につけましょう。

そのためには、ストレスをためないこと、ストレスを発散させることが大切になってきます。生活習慣病の予防はこうした日常生活の些細なことに気をつけるだけでも違ってきます。

禁煙・少量のアルコール

禁煙

画像はイメージです

そして禁煙と適度なアルコール摂取です。

まず禁煙は必須と考えましょう。また、適度名アルコールは”百薬の長”と言われているほど、適用なら体にとても良いとされています。

ただし適度にもほどがあり、アルコールはビールコップ一杯程度、ワインならグラス一杯程度が理想と言われています。

まとめ

生活習慣病は、日ごろの行いがとても重要です。若いうちは何とかなるだろうと乱れた食事や環境など生活習慣が乱れることで、将来的に何らかの成人病やがんになるリスクが高まります。

今一度生活習慣を見直し、健康的な生活を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました